雑な扱いは大損に繋がる

主張買い取りどういった理由でバイクの出張査定を利用しているかは人それぞれ異なるものです。他にバイクを購入した、保管場所に困っているといった手放す前提での利用の方も少なくありません。しかし、理由がどうであれ、査定スタッフには本当は手放したくないと思われるのがベストです。明らかに手放す前提であるのなら、査定スタッフとしてもあえて高額にする必要が全くありません。本当は手放したくないものの、来てもらったという雰囲気が大事になります。査定スタッフも人間であり、かつ多くのオーナーと接してきたからこそ、手放す前提であるかどうかはおおよそ判断できるものです。バイクの状態をチェックするのと同時に、オーナーの顔色も窺っていると考えるのが適切です。

自分のバイクに対しても査定スタッフに対しても雑な扱いをしてしまうのは大損に繋がると認識しておくべきです。その上で査定スタッフの立場を考えて、交渉がスムーズに終わるように協力する姿勢を持ち合わせておくのが重要になります。ちょっとした気持ちの持ちようで、査定スタッフの印象も大きく変わっていくものです。絶対に無理な査定額は確かにあるものの、融通を利かせられる金額差は査定スタッフの腹一つです。