査定交渉の流れを渡さない

交渉バイクの出張査定をしてもらう際には、オーナーと査定スタッフとの流れの読み合いになるのが基本です。手の内を簡単に明らかにしてしまうと、相手にとって有利に作用するのはいうまでもありません。だからこそ、希望の売却金額は絶対にいうべきではないです。もし口を滑らせてしまったのなら、当然ながら査定スタッフはその金額をベースとして査定交渉を行っていきます。査定スタッフはオーナーから情報を引き出すのに長けています。例えば、すでに新しいバイクを購入したという情報が伝わってしまうと、査定金額うんぬんよりも手放すことを前提に考えているのがバレてしまうものです。

希望金額はまず安く設定した上で交渉スタートがセオリーです。査定交渉における希望金額はオーナー側にとって切り札であり、査定スタッフも何気ない会話の中から探ろうとしてきます。希望金額をいえばその通りに進むと考えるのは大きな間違いです。実はもっと高い査定金額であったのが、安く買いたたかれてしまう場合もない訳ではありません。基本的には査定交渉は最初にぼろを出した側が不利になります。査定交渉の流れを自分側に持ってこられるかどうかは自分の本心を察知させないことにあります。